Just another WordPress site

ペットの火葬

未分類

犬や猫などのペットが死んだ時に優先すべき3つのこと。

更新日:

ペットが死んだ時にやってあげるべき事は豊富にあります。

ところが、とくに初めてペットの死を目の当たりにした人ならとくに悲しみや動揺は大きく、すべての事を念入りに行う事はできません。

この投稿では、ペットが死んだ時に特に優先してやるべき3つの事を解説します。

その3つは次の事です。

  1. 死後硬直する前に姿勢を整える
  2. 火葬できる日時を複数決めておく
  3. 火葬・葬儀業者に連絡をする

これらの事がなぜ特に急いでやるべきなのかを紹介しています。

悲しみで考慮しがまとまらない事もあると考えますが、共に過ごしてきたペットを最後までびしっとお見送りするために、何とぞポイントにしてもらいたいです。

死後硬直が起こる前に姿勢・おからだを整える

ペットが死んでしまうと悲しみや動揺で何も手につかなくなりがちですが、死んでしまった後は死後硬直が起こるのが現実です。

特に手足や首にまで死後硬直が進むと、手足が曲げにくくなったり曲がらない事もあります。

とくに中型〜大型犬では手足が曲げれないとプロの火葬炉に入らずに理不尽に曲げられてしまい、最悪のケース関節が脱臼する事もあります。

小型犬では姿勢が問題にならない事も多くありますが、できるだけ可愛いな姿勢・体勢でお見送りしてあげましょう。

繰り返しになりますが、中型から大型犬では絶対姿勢を整えてあげるようにしましょう。

体勢・姿勢の整え方などについてはこちらを参考にしてください。
 


 

ペットの火葬可能な日時を何個かチョイスしてでおく

ペットの姿勢を整えながら、ペットの火葬が可能な日時をいくつも心積もりておきましょう。

現時点ではペット人気の影響もあり、死んだペットを火葬する事が増大してきています。

それにより自らがお願いする日時での火葬が手に負えなく、しばらく火葬する事ができない「火葬待ち」という状況になる事も滅多にないのです。

最初に自分の都合を見定めしながら、「何日の何時から何時までの間なら」というものをいくつも羅列しておきましょう。

ペットの火葬・葬儀エキスパートを決める

ご本人の都合の良い日時を何個か挙げる事が出来たら火葬・葬儀のプロへ連絡しましょう。

火葬の手法にも何個か種類があり、自身やご身内の都合や如何なる火葬をやりたいのかと照らし組み合わせながら葬儀プロを選択します。

猫や犬の4つの火葬方法。自身やペットにあった方法を選びましょう。

犬や猫、それ以外のペット火葬には4つの技術があります。 急な事であれば飼い主さんも動揺し、自分のペースでと火葬のメソッドや時などを決める時もないかもしれません。 飼い主さんの業務の都合や予定表などで必 ...

前述したところもありますが、活用やりたい葬儀エキスパートでは貴女の都合の良い日時が空いていない確率もあります。

そのようなケースには別のプロで見定めをするか、必然的にそのエキスパートで火葬やりたいのであればペットの腐敗が進行しにくいようにびしっと処置をしてあげましょう。

コラム:専門家を選択するのもスピードが大事です

火葬の種類も何個かありますが、そのエキスパートが貴女の要望する火葬をしてくれるかわかりません。

エキスパートによっては火葬車のみの火葬しかない事もあれば、葬儀場での火葬だけしかしないところもあります。

それに自身の都合のいい時帯とエキスパートの日程が合わない事もあります。

どの専門家にするか迷っている間にも、他の方が予約を取っているかもしれません。

私の時は2つのプロで迷っている間に別の方が火葬予定を入れられたため、もう片方に判断せざるを得ない状況でした。

プロ選択しでは火葬手段や費用、空き状況、サービスなど数々の面を思い描くため直ちにに決められないものでもあります。

そのようななかでも、ペットやご本人のためにもベストな時期で、要望する火葬テクニックを可能なように勧めていきましょう。

-未分類

Copyright© ペットの火葬 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.